効果的な記事作成のポイント(体験談・フォトギャラリー)

1)記事タイトルの付け方



記事のタイトルは、
Google、Yahoo!等の検索エンジンに、認識されやすくなっています。
そのため、検索で上位表示させたいキーワードを最初に入れておくのがポイントです。

理想的な記事タイトルは、
・メニュー名など(検索されたいキーワード)+記事の概要 という構成になっている
・最大20文字以内で収まっている
・タイトルを見て、思わずクリックしたくなる文章になっている

【記事タイトルの事例】
・美容室のフォトギャラリーの場合
「縮毛矯正 毛先までなめらかなツヤ髪に」
「メンズカット ベリーショートですっきり」
「カラー パーマも活かした大人カワイイボブ」

・整体院の体験談の場合
「腰痛 1回で楽になりました」
「首の痛み 肩こりも一緒に解消されました」
「骨盤矯正 歪みが直り姿勢がよくなりました」

【クリックしたくなる文章の参考】
Yahoo!トピックス
http://www.yahoo.co.jp/
→ ニュースのタイトルは、キーワードを含めた短い文章で、キャッチもある


2)記事本文の書き方
記事本文は、ユーザーに伝えたい内容が、簡単に伝わるよう、
文章や、画像、ときには動画も活用して、分かりやすいように作成します。

・1つの記事に画像を1枚以上入れる画像のある記事と、画像のない文章だけの記事を比べると、
画像のある記事の方が、facebook等でも目に止まりやすく、伝えられる情報量も多くなるため、
各記事には1枚以上の画像を入れておくことをオススメします。

・文章には「専門用語」をできるだけ使わず、
一般のお客さんが読んで、理解できる言葉で書いておくこともポイントです。

・他サイトからのコピーはやめましょう。

・タイトルに入れたキーワードを本文にも入れましょう。本文の文字数は300文字以上あるとベターです。

 


3)記事を見たお客さんの成約率アップのために
記事を見たお客さんには、知りたい内容を、できる限り短時間で伝えて、
成約(予約、問い合わせ)に結びつくよう設計しておくことが大切です。

例えば、
美容室のホームページ「フォトギャラリー」の記事をお客さんが見た際に、

・記事タイトルを見て、クリック、サイトにアクセスする
  ↓
・記事内の「スタイル写真」をみて、自分も同じようなスタイルにしたいな、と感じる
  ↓
・記事内に書いてある、スタイルのポイント、参考価格、所要時間等を確認し、イメージする
  ↓
・日程を確認し、予約の電話をする
  ↓
・来店

という一つの流れが考えられます。


【記事の例1】フォトギャラリーの記事



↑ 写真のヘアスタイル説明、施術の詳細、価格、所要時間
↑ 担当スタイリストなど、お客さんが予約しやすいように
↑ 必要な情報を掲載しておくことがポイントです。


【記事の例2】体験談の記事



↑ 手書きの体験談は、文字が見にくい場合もありますので、
↑ 感想の内容を、記事本文に文字として入れておきます。
↑ 文字は検索エンジンにも認識されます。

※ また、本文の最後に、体験談を書いてくれた方へのコメントやメッセージも入れておくと、
本人、体験談を見た方の印象もよくなるためオススメです。

また、SEO対策の側面で見ると、1ページで狙うキーワードではなるべく絞り込んだ方が効果的です。(「肩こり」も「腰痛」も「整体」も「ダイエット」も狙うと逆効果)

 

関連記事(専門サイト運用代行のFAQ)

  •  キーワードを入力し記事を検索する

    株式会社ILB
    • ローカルビジネスに特化した、ウェブサイト制作、ネット広告の運用代行で、日本最大級の支援実績(41,386社)があります。国内で唯一、Google、Yahoo!、LINE@、AdRollの4社の広告代理店として認定されています。
    • 【実施中のキャンペーン】
      ローカルビジネスのネット集客に必須の、ネット集客お試しセット 無料キャンペーン!を実施中
    • キャンペーンを見る