LINE@:効果的なメッセージ配信のポイントと配信事例について

更新

1.LINE@の配信文章で気をつけたい7つのポイント

 

1-1)あからさまに売ろうとしない

 お客様が知りたい事とお店側が伝えたい事をマッチさせることが重要です。一方的な購入を促すメッセージがブロック数を増加させてしまう可能性があります。

 

 

1-2)お客様に合わせた文体と言葉遣いを統一する

LINE@アカウントのイメージに一貫性がないと、お客様に不信感を与えてしまう可能性があります。お客様に合わせた文体や言葉遣いをスタッフみなさんと共有しましょう。

 

 

1-3)最初の26文字に伝えたいことを集約させる

 プッシュ通知の効果を最大化させるには、最初の26文字に伝えたい内容を集約させることが肝心です。(iPhone・android共通)

特に、本日限りのクーポンのような、緊急性の高いメッセージを送信する場合は、送信後にすぐ見てもらう必要があるため、特に気を付けてメッセージ配信を実施しましょう。

 

 

1-4)記号や絵文字、誤字脱字に気をつける

 LINE@のメッセージは、1度配信されると修正する事ができません。メッセージ配信をする前に、一度自分で読み直すか、他のスタッフさんに確認してから配信しましょう。

 

 

1-5)掲載情報の間違いに気をつける

 

日付や期間、価格などの記載に誤りがないように、正しい情報を配信しましょう。

 

 

1-6)不適切な発言やネガティブな内容を記載しない

 社会的配慮の無い発言や、お客様の個人情報や企業の機密に関する情報を発言することは厳禁です。LINE@は相手の顔が見えないコミュニケーションツールなので気を使いながら慎重に言葉を選ぶ必要があります。

 

 

1-7)メッセージは短く簡潔に

 画面をスクロールしないと全文を確認できないような、長文のメッセージはお客様の読む気を低減させてしまう可能性があります。最低でも1メッセージあたり1画面に表示される文量を心がけましょう。

 

 

2.メッセージ配信の頻度

 半数弱のユーザーが週1回程度の配信頻度を希望しています。(目安:4~16記事)

※お客さんが来店する頻度に合わせて配信しましょう。例えば、2~3ヶ月に1回お客様が来る場合は、最低月に1回配信します。

※タイムライン投稿はプッシュ通知されないため、積極的に活用しましょう。

 

 

3.メッセージ配信事例

 

3-1)空き情報からの即予約!カイロプラクティックのお知らせメッセージ

 

大井町カイロプラクティック様

line33.jpg

 

 

3-2)お店のちょっとした変化を、お客様にお知らせ!美容室の近況報告メッセージ

 

ZEST八王子様

line34.jpg

 

 

3-3)今日の予約を埋めたい方にオススメ!居酒屋のゲリラクーポン

 

居酒屋『様様』様

line35.jpg

 

 

3-4)営業スケジュールをあらかじめお知らせ!歯科医院のお知らせメッセージ

 

大木歯科医院様

line36.jpg

 

 

3-5)週末の予約が一気に入る!焼肉店の鮮度にこだわるメッセージ

 

黒毛和牛・ニクゼン様

 

 

3-6)開始から2週間で130人の応募!美容整体の友だち1,000人突破メッセージ

 

スマイルボディー様