LINE@:運用改善点を見つける方法

1.LINE@運用の改善点を見つける2つのポイント

 

1)有効 友だち数が増えているか?

2)反響の取れるメッセージが配信できているか?
という2つの基準で効果測定することが重要です。

 

 

2.有効 友だち数の確認方法

 

2-1)統計情報をクリック

 

 

 

2-2)現在までの累計数を確認

 

2018-02-01_18h28_17.png

①友だち追加数:今までに友だち追加をした数

②有効友だち数:友だち追加数からブロック/友だち解除された数を引いた数

 ターゲットリーチ数:有効友だち数の中で、性別・年代・活動エリアなどのみなし属性*を推定できるユーザーの人数

 ※詳細は、下記をご確認ください。

 ターゲットリーチ数とは何ですか

③ブロック/友だち解除数:一度友だち登録したユーザーがブロックした数

※ブロックされた場合はメッセージやタイムラインが配信されません

 

 

3.有効 友だち人数を増やすための2つのポイント

 

3-1)友だち追加数を増やす

 

今すぐ友だちが増やせる方法を下記ページでまとめています。

LINE@の友だちを効果的に集める方法はコチラをクリック

 

 

3-2)ブロック/友だち解除の数を減らす

 

ブロック率(ブロックの数÷友だち追加数)を、20%未満に抑えることが大切です。

ブロック率が20%を超える場合には、下記の内容をチェックしてみてください。

 

【改善ポイント】

①配信時間

②配信頻度

③内容の誤送信

④不適切な内容の配信

⑤誤字脱字が多い

 

 

4.クーポン使用数の確認方法

 

4-1)クーポン・イベント作成をクリック

 

 

 

4-2)PRページ(クーポン)の開封数・使用数を確認

 

 

PRページ(クーポン)であれば
①クーポンをお客様が実際に見た「開封数」
②クーポンが使用済みにされた「使用数」
を確認することができます。

※通常のテキストメッセージの場合は伝達数のみチェックできます。
配信したクーポンの内、反響が大きかったものを確認し改善していきましょう。

 

 

5.統計情報から運用の改善点を分析する方法

 

5-1)毎日1人ずつ友だちが増えているか

 

 

業種業態により平均は異なりますが、一般的な小売業がLINE@をスタートして友だちを増やしたい時期であれば、最低でも1日1人以上の友だちを獲得しておきたいものです。

クリアできない場合は、店頭ツールや告知方法などを改めて見直し、徹底しましょう。

 

 

5-2)キャンペーンは友だち獲得に役立っているか

 

 

日別の集計で友だちの増加数が確認できるので、友だち獲得の手法として新規登録キャンペーンが有効と判断できれば、そのまま継続したり、特典の内容をコストを考えながらグレードアップしていきます。

期間限定の登録キャンペーンを行っているのにも関わらず、友だち追加数がその期間に平均値と変わらないのであれば、キャンペーンが魅力的ではないか、友だちにキャンペーン情報がリーチできていないという事です。その場合は特典内容の見直し、告知方法に問題がないか確認しましょう。

 

 

関連記事(LINE@運用支援のFAQ)

  •  キーワードを入力し記事を検索する

    株式会社ILB
    • ローカルビジネスに特化した、ウェブサイト制作、ネット広告の運用代行で、日本最大級の支援実績(41,386社)があります。国内で唯一、Google、Yahoo!、LINE@、AdRollの4社の広告代理店として認定されています。
    • 【実施中のキャンペーン】
      ローカルビジネスのネット集客に必須の、ネット集客お試しセット 無料キャンペーン!を実施中
    • キャンペーンを見る