LINE@:リッチメッセージの作成・配信方法

更新

1.LINE@ リッチメッセージとは?

 

 

LINE@ リッチメッセージとは、文字(テキスト)でなく画像(リンク付き)でお客様(友だち)にメッセージ配信できるため、クリック率(反応率)が高くなる配信機能です。

 

 

2.LINE@ リッチメッセージの特長・活用するメリット

 

LINE@ リッチメッセージの特長はクリック率(反応率)!

 

 

通常のテキストメッセージと違い、他のメッセージに埋もれることがありません。また、見栄えが良く内容も視覚的に伝わります。

 

 

3.LINE@ リッチメッセージの利用条件

 

 

LINE@ リッチメッセージは有料プラン(ベーシック・プロ)をご利用中の方限定の機能です。LINE@のベーシック・プロプランの詳細は、下記よりご確認ください。

LINE@のベーシック・プロプランの詳細はコチラをクリック

 

 

4.LINE@ リッチメッセージの作成方法

 

1)リッチメッセージの作成画面を開く

 

 

左のメニューバーの「リッチコンテンツ作成」を押します。

左のメニューバーの「リッチメッセージ」を押します。

ページ右上の「新規作成」を押します。

 

 

2)リッチメッセージのタイプを選択し画像を作成する

 

 

リッチメッセージのタイプを選択します。

「制作用ガイド」を押すとタイプごとのデザインガイドが表示されるので、このガイドに合わせて画像を作成します。

※分割されたエリアごとに遷移先のURLを設定することができます。

 

 

3)背景画像とリンクの設定を行う

 

 

①メッセージタイトルを入力します。
※ここで入力された内容は、プッシュ通知時の見出しやトーク一覧画面で表示され、ユーザーのトーク内では表示されません。

②作成した画像をアップロードします。

③リンクテキストに、リッチメッセージに対応していないユーザーにのみ
表示される遷移先の説明文書を入力します。

④リンクに遷移先のURL、またはクーポンを選択します。

※クーポンを選択することで、クーポンの使用数がLINE@上で計測できます。クーポンの作成方法については、下記よりご確認ください。

LINE@ クーポンの作成・配信方法はコチラをクリック

⑤リッチメッセージに対応しているユーザーへの見え方を確認します。

⑥リッチメッセージに対応していないユーザーへの見え方を確認します。

⑦「保存」を押すと、リッチメッセージが保存されます。

 

 

5.LINE@ リッチメッセージの配信方法

 

1)メッセージの新規作成画面を開く

 

 

左のメニューバーの「メッセージ作成」を押します。

 

 

2)配信設定を行う

 

 

①「リッチメッセージ」を押します。

②配信したいリッチメッセージを選択します。

③内容確認後、「送信ボタン」を押します。

 

 

6.LINE@ リッチメッセージを活用することで期待できる売上金額(シミュレーション)

 

 

事例:友だちが100人いて、1回につき5,000円の売り上げがある場合

1.通常のテキスト・クーポンメッセージの場合
予測反応率2%×友だち数100人=予測集客数は2人
予測集客数2人×予測売上5,000円=予測利益は10,000円

2.リッチメッセージの場合
予測反応率6%×友だち数100人=予測集客数は6人
予測集客数6人×予測売上5,000円=予測利益は30,000円

 

LINE@ リッチメッセージは有料プラン(ベーシック・プロ)をご利用中の方限定の機能です。LINE@のベーシック・プロプランの詳細は、下記よりご確認ください。

LINE@のベーシック・プロプランの詳細はコチラをクリック