広告からの反響が少ない場合、どうすればよいですか

 

広告からの反響が少ない場合、広告の改善が必要です。
改善のポイントは、「集客」、「接客」、「追客」の3つの施策に分けることができます。

 

6d5240c05b954b6a505ca8ae8cf7bec3638ac3e5.jpg

 

1.集客(知ってもらう)施策の改善

目的:ウェブサイトに見込み客を集める

→ アクセス数がそもそも少ない場合は、アクセス数を増やす施策を追加する、
もしくは、広告の内容改善を行います。

・検索エンジン(Google、Yahoo!など):オーガニック(SEO)、検索連動型広告(PPC)の追加・改善
・ソーシャルメディア:Facebook、Instagram、Twitter、YouTubeなどの追加・改善
・その他ウェブサイト:ポータルサイト、ディスプレイ広告(PPC)、ブログなどの追加・改善
・オフライン:テレビ、ラジオ、雑誌、新聞、チラシなどの追加・改善

 

2.接客(選んでもらう)施策の改善

目的:ウェブサイトを見ている見込み客に行動(予約・購入・問合せなど)してもらう

→ アクセスはあるのに、反響が少ない場合は、ウェブサイト(ページ)の内容改善を行います。

・ウェブサイトの改善
・ランディングページの改善


3.追客(繰り返し来てもらう)

目的:一度ウェブサイトに来た見込み客を、再度ウェブサイトに集める、または、既存客に再度、行動(予約・購入・問合せなど)してもらう

→ アクセスもあり、ウェブサイトの内容も問題ない場合、一旦ウェブサイトにアクセスした見込み客が検討したまま、忘れられている可能性があります。

・リマーケティング広告(リターゲティング広告) :AdRoll、Criteoの追加・改善
・LINE@の追加・改善
・メルマガ などの追加・改善

 

 

 

 

関連記事(各ネット広告サービス共通のFAQ)

  •  キーワードを入力し記事を検索する

    株式会社ILB
    • 株式会社ILBは、ローカルビジネスに特化したデジタルマーケティングの専門会社です。国内で唯一、Google、Yahoo!、LINE公式アカウント、AdRollの4社の代理店として認定されています。
    • 【実施中のキャンペーン】
      新規顧客を増やしたい経営者様へ。
      新規顧客を効果的に増やすために最重要な施策であるランディングページ(LP)を無料でご利用いただけるキャンペーン開催中!
    • キャンペーンの詳細を見る