Gmailの自動転送設定の方法について

1.Gmailから他のアドレスに転送する方法について
2.Gmailですべてのメールを転送する設定方法
3.Gmailで特定のメールのみ転送する設定方法
4.Gmailの転送設定の注意点

 

1.Gmailから他のアドレスに転送する方法について

yahoo.png

Gmailから他のアドレスに転送する方法についてご紹介します。
転送先はGmail以外のアドレスであっても転送可能です。


Gmailから他のアドレスに転送する方法を、
新しいメールをすべて転送する場合と特定のメールのみを転送する場合の二つに分けてご説明いたします。

 

 
 

2.Gmailですべてのメールを転送する設定方法

Gmailで受信した新規のメールを他のアドレスに自動転送する方法です。

 

1)設定を選択
Gmailにログインし、画面右上の歯車アイコンから「設定」を選択します。
Screenshot__4_.png

 

2)転送先アドレスの追加
「メール転送とPOP/IMAP」ページを開き、「転送先アドレスを追加」をクリックします。
Screenshot__5_.png

 

3)アドレスの入力
転送先のアドレスを入力し、「次へ」、「続行」、「OK」をクリックします。
Screenshot__6_.png

 

4)転送先で確認
転送先に届く確認メールを開き、メールに記載されている確認リンクをクリックします。
066860e1405ee2e2348ba90e71efc2f8.png

 

5)転送を有効にする
メール転送元の Gmail アカウントで設定ページに戻り、ブラウザを更新します。転送先のアドレスを選択し、メールの扱いを決めます。最後に画面下の「変更を保存」をクリックします。
Screenshot__8_.png

 

これで新規のメールはすべて登録したアドレスに転送されます。

 

3.Gmailで特定のメールのみ転送する設定方法

 

専門ページ・専門サイトのお問い合わせ時の通知メールの
転送設定方法をご紹介します。

1)転送先アドレスの登録

上記の「【Gmailですべてのメールを転送する設定方法」の1〜5まで同じ方法で、転送先のアドレスを登録します。

 

2)新しいフィルタを作成
設定ページに戻って「フィルタとブロック中のアドレス」ページを表示し、
「新しいフィルタを作成」をクリックします。
Screenshot__9_.png

 

3)フィルタを設定
「含む欄」に転送したい問い合わせ時の通知メールの専門ページ・専門サイトの着地先URLを入力し、「フィルタを作成」をクリックします。

※フィルタの内容は、転送させたいメールの内容によって変わります。
Screenshot__11_.png

 

4)フィルタ作成
「次のアドレスに転送する」チェックを入れ、転送したいアドレスを選択します。最後に「フィルタを作成」をクリックして完了です。
Screenshot__12_.png

 

 

4.Gmailの転送設定の注意点


Gmailで受信したメールを複数アドレスに自動転送する場合、
それぞれの条件に対応するフィルタを複数作成する必要があります。
ただし、特定のアドレスに転送するためのフィルタは最大20個までしか作成できません。

 

 

 

関連記事(専門サイト運用代行のFAQ)

  •  キーワードを入力し記事を検索する

    株式会社ILB
    • ローカルビジネスに特化した、ウェブサイト制作、ネット広告の運用代行で、日本最大級の支援実績(41,386社)があります。国内で唯一、Google、Yahoo!、LINE@、AdRollの4社の広告代理店として認定されています。
    • 【実施中のキャンペーン】
      ローカルビジネスのネット集客に必須の、ネット集客お試しセット 無料キャンペーン!を実施中
    • キャンペーンを見る